急性低音障害型感音難聴|蝸牛型メニエール |鍼灸 | 埼玉県 | さいたま市西区

急性低音障害型感音難聴-鍼灸(はり きゅう)彩玉鍼灸院|埼玉県さいたま市西区

急性低音障害型感音難聴でお困りの方

急性低音障害型感音難聴

はじめに・・・

突然、耳が詰まった状態になり発症する疾患です。

 

具体的には、耳に蓋が被さった感じ・・・耳の聞こえが悪くなった、自分の声が耳のなかで反響している等・・・この疾患は、耳閉感が初期に現れます。

 

進行すると徐々に聞こえは悪くなりますが、低音部のみが障害されますので、人の話し声はわりと聞こえます。ですので、症状が進行するまで放置している場合が多く、悪化してから医療機関に行く人が多いようです。

 

 

低音部のみが障害されます・・・

病院に行くと、まずは「聴力検査」をされますが、この疾患の特徴は低音部のみが障害を受けるということです。

 

これは聴力検査をすれば一目瞭然です!

 

急性低音障害型感音難聴(オージオ1)

 

急性低音障害型感音難聴(オージオ2)

 

上記の表は、聴力検査の結果表になります。見ていただければわかると思いますが、低音部の聴力(125〜500Hz)のみが下がっています。中音〜高音部は正常値です。

 

これが急性低音障害型感音難聴の特徴になります。

 

 

発症年齢、原因、疾患の現状・・・

 

耳のつまり(20〜40)女性

 


急性低音障害型感音難聴は、20代〜40代の女性に多いと言われています。

 

原因は不明とされていますが、実際には「ストレス」が原因のことが多く、その他には強度の首、肩こりを抱えている人もこの疾患になりやすいと思われます。

 

急性低音障害型感音難聴の場合、そのほとんどが「耳閉感」を訴えます。要するに耳が詰まった感じになるのです。

 

それ以外には、低音部の音が聞き取れない、低音の耳鳴りがする、自声強調等が発症します。

 

また、この疾患は比較的改善しやすいのですが、再発もしやすく、再発した人の約20%が「メニエール病」に移行してしまうと言われています。

 

 

蝸牛の浮腫みについて・・・

 

蝸牛

解剖学的には、内耳にある「蝸牛」という組織が浮腫むことにより低音の難聴が発症すると推察されます。

 

蝸牛は聴覚を司る感覚器官で、カタツムリに似ていることからこの名前になったようです。

 

通常この蝸牛には、一定量の「リンパ液」が詰まっています。鼓膜からの振動を受け止めた蝸牛は蝸牛神経を通じて脳に音としての信号を送り、脳が音を認識するのです。

 

しかし何らかの原因で、蝸牛にあるリンパ液が増えすぎてパンパンになってしまうと、振動が落ちてしまうので、うまく音を伝えることができなくなるのです。

 

この場合、特に低音の音を伝えることができなくなります。

 

 

 

突発性難聴とは違うの・・・

 

平成7年までは突発性難聴と同一疾患とされていましたが、平成8年より独立した疾患名とされました。

 

具体的には、特発性難聴との違いは、聴力検査の表にも違いがでます。

 

特発性難聴では以下のような表の波形になります。

 

特発性難聴(オージオ1)

 

特発性難聴(オージオ2)

 

急性低音障害型感音難聴の場合は、低音部のみ障害されますが、特発性難聴では、低音〜高音までが障害されます。

 

 

急性低音障害型感音難聴の治療法・・・

 

ステロイド 利尿剤

病院では、ステロイド、利尿剤が主な治療法になります。ただし、ステロイドは長期の服用ができないため、基本的には利尿剤が多様されます。

 

それに合わせて、ビタミン剤、漢方薬が併用されるこがあります。

 

 

 

歯ぎしり(食いしばり)との関係・・・

 

歯ぎしり、食いしばり

 


低音の難聴、耳の詰まり、声が反響する等の症状でお悩みの方を診ていますと、ほとんどの方に顎関節周囲の筋肉の過緊張が見受けられます。

 

このことから推察されるに、睡眠中に「歯ぎしり」や「食いしばり」をしているのではないかということです。

 

歯ぎしり、食いしばりに関しては、本人に自覚症状がないことがほとんどです、なぜなら睡眠中に起きているのでわからないからです。

 

ほとんどが、第三者から「歯ぎしりしていたよ」と言われ自覚する場合が多いようです。

 

歯ぎしりや食いしばりが続くと、顎関節周囲に強いストレスが生じて周囲の筋肉群が固くなります。

 

そのような状態になると、顎関節周囲の血行不良が引き起こされます。

 

そして顎関節に近い内耳にも当然影響を与えることが多いのです!

 

つまり内耳への血流障害、耳管への影響、内耳介筋の緊張、耳小骨への影響等が考えられるわけです。

 

歯ぎしり、食いしばりの原因に関しては、ストレス、喫煙、飲酒、向精神薬の服用等が濃厚であり、低音難聴、耳詰まり、自声反響で悩まれている方も歯ぎしりの原因に当てはまっている方も多いようです。

 

 

 

 

急性低音障害型感音難聴での鍼灸施術・・・

 

急性低音障害型感音難聴は、突発性難聴に比べ、格段に治癒率が高いと思われる疾患です!

 

個人差はありますが、初期段階であれば相当な改善が期待できます。

 

この疾患は、別名「ストレス難聴」と言われるようにストレスが関係します。

 

まずは自律神経のツボに鍼治療をしてストレスを軽減していきます。

 

同時に、関連する筋肉・・・具体的には胸鎖乳突筋、斜角筋、咬筋、側頭筋等を鍼でしっかりと緩めていきます。

 

胸鎖乳突筋、斜角筋群

 

顎関節と筋
内耳に栄養を送っている「栄養血管」は首にある「椎骨動脈」から枝分かれして耳に繋がっています。

 

したがって、上記に示した筋肉をしっかりと鍼で緩めれば、内耳の血行改善が期待できるのです。

 

このように関連する筋肉を鍼でしっかりと緩めて、内耳の血液量を増やせば、短期間で改善します。

 

 

急性低音障害型感音難聴に関してのQ&A・・・

 

具体的な特徴を教えてください。

この疾患の特徴は、低い音のみが聞こえなくなる、耳が詰まった感じになる、音が割れて聞こえる、肩こり、頭痛、倦怠感、低音の耳鳴りがする、片耳のみに発症する等です。

突発性難聴に比べ、改善しやすいのですね。

突発性難聴に比べると改善率は高いです(もちろん個人差は当然ありますが)。逆に突発性難聴は難しく、特に時間が経ってしまった場合、改善は難しいと思われます。

鍼灸で改善しますか。

急性低音障害型感音難聴は、他の難聴疾患に比べ鍼灸での改善が期待できます。

原因はわかっていないのですか。

原因は不明とされていますが、実際には急性低音障害型感音難聴を発症される方のほとんどに、過度のストレスを抱えている人が多いようです。その他にも、首肩こりを訴える人にも多いようです。

どのくらいのペースで通えばよいですか。

初期治療が重要なので、週に二回〜三回での治療をお勧めします。状態が良くなったら徐々に間隔を空けていきます。

どのくらいで良くなりますか。

通常、一か月〜三か月程で改善する方が多いようです。

来院する際、持って行くものはありますか。

来院する際は、必ず聴力検査の結果表(オージオグラム)をご持参ください。

再発しやすいのですか

急性低音障害型感音難聴は、他の難聴疾患に比べ、改善しやすいのですが、再発もしやすいという欠点があります。何度も再発しているとメニエール病に移行することもあります。

再発を防ぐにはどうしたらよいですか。

ストレスが多い生活をしている場合は、なるべくストレスに気をつけることです。あとは、ウォーキングが推奨されています。食事ではなるべく塩分を控える、水分をしっかりと摂ってください。


彩玉鍼灸院ロゴ


彩玉鍼灸院ロゴ2

 

              埼玉県さいたま市西区宝来1538-11

 

              指扇駅北口(徒歩三分)、駐車場完備。

 

     ご予約はお電話で:048−625−9270

 

 

免責事項 - リンク - サイトマップ

ホーム RSS購読 サイトマップ