めまい | 鍼灸 | 埼玉県 | さいたま市西区

めまい-鍼灸(はり きゅう)彩玉鍼灸院|埼玉県 さいたま市西区

めまいでお困りの方・・・

めまい

はじめに・・・

突然、めまいがして立っていられなくなった、回転している感じがして気持ち悪い、フワフワして宙に浮いている感じがする等・・・いわゆる「めまい」で悩んでいる人は多いようです。
当院でもめまいで来院される方は年々増えています。

 

特に病院の検査で異常がなかっためまいに関しては、鍼灸で良くなる場合が多いです。

 

まめいはどんなものがあるのでしょうか・・・

めまいは人によって感じ方が様々ですが、大まかに分類すると次のようになります。

  • 視界がグルグルと回る「回転性のめまい」。
  • フワフワと浮いている感じの「動揺性のめまい」。
  • 俗に言う「立ちくらみ(眼前暗黒感)のめまい」。

 

それぞれ、めまいの発症誘引は違いますし、めまいの感じ方も個人差があります。上記で説明しためまいですが、種類によって同じめまいでも原因が違います。説明していきましょう。

耳の構造

まず「回転性のめまい」ですが、原因の場所は「三半規管」という部分にあります。三半規管は、耳の奥にある器官で、体の平衡感覚を担っています。三半規管(厳密には蝸牛)のなかはリンパ液で満たされていますが、何かの原因で、リンパ液の許容量が増えてしまうと体を動かしていないのに「ぐるぐる」と回転しているようなめまいを感じるのです。

 

代表的な疾患には「メニエール病」「前庭神経炎」があります。回転性めまいは悪化すると吐き気、嘔吐を伴います。
次に「動揺性」のめまいですが、原因の場所は「脳幹、小脳」という場所になります。脳幹、小脳は脳の一部分ですが、主に平衡感覚を司る部分でもあります。この部分が機能低下をおこすと、フワフワと宙に浮いているような感覚になります。

 

最後に「立ちくらみ」ですが、立ちくらみの正式病名は、眼前暗黒感と言います。目の前が真っ黒になり、意識を失いそうになるめまいです。原因は脳の虚血状態です。脳が虚血になる原因に、疲労、環境の変化、過度のアルコール、アレルギーショック等です。この状態で急に立ち上がったりすると、脳に充分な血液が送られなくなり、立ちくらみがおきるのです。

 

原因不明のめまい・・・

上記のめまいは、めまいになる原因がはっきりしていて病院で検査をすれば診断がつきますが、病院で検査をしても異常が無いめまいもたくさんあります。
いわゆる不定愁訴によるめまいです。当院には、このタイプのめまいで来院される患者さんがほとんどです。
このタイプの患者さんを診ていると、いつくかの原因が推察されます。以下にまとめます。

  1. 首の筋肉群の過緊張によるもの。
  2. ストレスによるもの。
  3. 目からくるもの。
胸鎖乳突筋

まず1の「首の筋肉群の過緊張によるもの」ですが、詳しくは首に付着している筋肉群が様々な原因によって激しく硬くなると、筋肉群の深部に通っている頸動脈、椎骨動脈等が圧迫をうけます。そうなると脳への血流障害が起きるので、結果的に脳が軽い酸素不足に陥いり、めまいが起きることがあるのです。

 

次に2の「ストレスによるもの」ですが、過度のストレスが長期に及ぶと脳内の物質に変化がおきる場合があり、その結果「心因性めまい」を引き起こします。

 

目を動かす筋肉

次に3の「目からくるもの」ですが、要するに眼精疲労→めまい・・となります。目を使いすぎると目を動かしている筋肉や目の神経が疲労して炎症を起こします。それが自律神経や首の筋肉に波及していくわけです。その結果、めまいという症状として発症します。

 

当院に来院される方は、圧倒的に「頚性めまい」です!

 

頚性めまい(写真)

 

めまいの症状で当院に来院される方のほとんどが「頚性めまい」です。

 

頚性めまいは、上記の「1」で説明したように、首にくっついている筋肉群が過緊張を引き起こすことにより、脳に酸素を送っている血管が絞扼されて軽い酸欠状態になることによりめまいが発症する疾患です。

 

頚性めまいは筋肉が原因なので病院で検査をしても異常は発見されず、原因不明と診断されることがほとんどです(最近では首のレントゲン検査により、ストレートネックが確認された場合「頚性めまい」と診断する医師も増えているようですが)。

 

この頚性めまいですが、パソコンやスマートフォンを過使用する現代人に多い疾患と言われています。

 

パソコン、スマートフォンの過使用によって首の筋肉群の過緊張やストレートネックになる確率がグンと上がるからです。

 

また、むち打ち、スポーツ外傷等も頚性めまいを発症する確率が上がると言えます。

 

頚性めまいの具体的な特徴としては・・・

  • 首の回旋、伸展によってめまいを発症する。
  • 反復性がある。
  • めまいの他にも、頭痛、首の痛み(こり)、吐き気、発汗等を併発することがある。
  • めまいの性状は「浮遊性(フワフワした感じ)」だが、ときに「回転性」もある。

問診でこのような症状が複数あれば頚性めまいを疑います。

 

 

 

心因性めまいについて・・・

 

 

心因性めまいとは、要するに長期間の過度のストレスが原因で、脳内の物質(セロトニン等)が影響して発症するめまいのことで、最近では「持続性知覚性姿勢誘発めまい(PPPD)」と策定されています。

 

この疾患になる人の特徴として、真面目、ストレスに敏感、不眠を抱えている、片頭痛待ち、仕事・家庭が忙しい、うつ病と診断されたことがある等があります。

 

心因性めまいの場合、主な症状としては・・・

  • フワフワする感覚が常にある。
  • 首の動きで症状は悪化するが、首を動かさなくても症状がある。
  • めまい以外にも、うつ病の症状がある。

一見、頚性めまいと症状がリンクしている部分が多々あるのですが、決定的な違いは頚性めまいの場合は首を動かした時のみめまいが発症するのに比べ、心因性めまいは安静時にも常にめまい感があることです。また、めまい以外にも「うつ病」特有の症状を併発している場合が多いのも心因性めまいの特徴です。

 

具体的な治療に関しては、一部の病院ではPPPDの患者さんに対して「SSRI」、要するに「抗うつ剤」を処方して、一定の効果をあげている場合もあるようです。

 

当院にも心因性めまいで来院される方は多いのですが、症状が重度の場合、鍼灸単独の治療ではなかなか難しい部分もあり、心療内科での併用をお勧めしています。

 

また改善までには時間がかかる場合もこの疾患の特徴で、根気よく治療に取り組む必要があります。

 

心因性めまい

 

◎心因性めまいでは、原因となっているストレスを無くしていくのが絶対に必要です!

 

 

 

 

めまいに対する当院での施術・・・

 

近年「前庭頸筋反射」の研究が進んだことによってよって、めまい感がある方には、頸部に異常緊張が必ずと言っていいほど発症することが明らかになっています。

 

まためまいで当院に来院される方のほとんどが頚性めまいであることから。

 

当院では「頸部の筋緊張異常を緩める」ことを中心に、その他にも関連する筋肉、神経、ツボ等を考慮して施術していきます。

 

胸鎖乳突筋、斜角筋

 

頚板状筋、頭板状筋

 

特に胸鎖乳突筋、斜角筋、頚板状筋、頭板状筋といった筋肉は頚性めまいの原因筋肉になることがほとんどなので、鍼でしっかりと緩めていきます。

 

 

 

 

めまいに関してのQ&A・・・
めまいがある場合、病院に行ったほうがよいですか。

めまいが長時間続くようであれば、まずは耳鼻科や脳外科で検査をしましょう。異常がなければ鍼灸がお役にたてると思います。

病院の検査で異常が無い場合、鍼灸がよいですか。

病院で異常が無い場合のめまいでは、鍼灸治療がお役にたてると思います。逆に病院で何らかの異常が見つかった場合は病院の治療を優先してください。

首、肩こりと、めまいは関係が深いですか。

はい。かなり深いつながりがあります。めまいを訴える方のほどんどに首、肩のこりがあります。首、肩が過度に硬くなると脳への血流悪化、交感神経緊張状態になりますので、その結果としてめまいが発症します。

鍼灸治療をすると、どのくらいでめまいは改善しますか

めまいに関しては個人差があり、一概には言えません。数週間の鍼治療で改善する方もいますし、数か月単位で改善する方もいるからです。一般的は、首肩コリが原因の場合は比較的短期で良くなりますが、心因性の場合は、時間がかかると思ってください。

ページの先頭に戻る


彩玉鍼灸院ロゴ


彩玉鍼灸院ロゴ2

 

              埼玉県さいたま市西区宝来1538-11

 

              指扇駅北口(徒歩三分)、駐車場完備。

 

     ご予約はお電話で:048−625−9270

 

 

免責事項 - リンク - サイトマップ

ホーム RSS購読 サイトマップ