緊張性頭痛 | 後頭神経痛 | 鍼灸 | 埼玉県 | さいたま市西区

頭痛-鍼灸(はり きゅう)彩玉鍼灸院|埼玉県さいたま市西区

頭痛でお困りの方

頭痛

はじめに・・・

ほとんどの方は、痛みの程度は違えど「頭痛」を経験したことがあると思います。
ドラックストアに行けば、頭痛のコーナーに本当にたくさんの頭痛薬が陳列されています。
それだけ頭痛で困っている人が多い証拠なのでしょう。
頭痛もひどくなると、生活にかなりの支障をきたします。当院にも頭痛で来院される方が年々増えています。ひどい方は、頭痛薬を飲みすぎているし、嘔吐してしまう場合もあるようです。

 

頭痛の種類について説明します・・・

同じ頭痛でも、いくつかの種類に分類されます。ここでは代表的な頭痛を紹介します。

 

  • 一般的な頭痛・・・
  • 風邪、二日酔い等が原因の頭痛です。これは本人も頭痛になっている原因がわかっていることがほとんどで、原因が排除されれば症状も無くなります。頭痛のなかでも比較的軽度な頭痛に分類されます。

     

  • 慢性的な頭痛・・・
  • 繰り返し起こる頭痛ですが、原因がはっきりしない頭痛です。いわゆる「頭痛持ち」を自覚している人達で、近年この慢性頭痛で苦しんでいる人が急増しているようです。慢性頭痛は大まかに以下の三つに分けることができます。

     

    片頭痛・・・
    片頭痛(図)
    血管性頭痛とも言われます。頭のなかの血管が拡張してその周囲にある神経(図では赤い部分)が炎症を引き起こすと痛みがでます。   

     

     

    片頭痛の特徴は以下の通りです・・・。

    • 頭の片方が痛むことが多いが、両方痛むこともある。
    • 痛みの性状は、脈に沿ってズキンズキンと痛む。
    • 頭痛の起きる頻度は、月に一回〜二回程度の場合や多いときには週に二回とも。
    • 痛みの持続時間は、数時間〜数日に及ぶことも。
    • 動くと痛みが増すので、じっとしているほうが楽である。
    • ひどくなると吐き気、嘔吐することがある。
    • 眩しい光や、音、匂い等に敏感になる。
    • アルコールを飲むと痛みがでやすい。
    • 女性に多い(女性3:男性1)。
    • 偏頭痛が起きる前兆として、目のまえにチカチカ、ギザギザした光が出現して、視野が欠ける閃輝暗点がでることがある。

     

    緊張型頭痛・・・
    緊張性頭痛(図)
    筋膜性頭痛ともいわれます。要するに頭の各筋肉群が緊張して硬くなり痛みを引き起こします。この頭痛は、肩こりを持っている人に多く、肩こりが悪化すると頭痛も併発するパターンが多いです。   

     

    緊張型頭痛の特徴は以下の通りです。

    • 頭の両側、後頭部等・・・全体的に痛む。
    • 痛みの性状は、締め付けられるような痛みである。
    • 痛みの頻度は不定期で、ひどい場合は毎日痛むこともある。
    • 痛みの持続時間は、三十分〜数日続く。
    • 吐き気はあるが、嘔吐することはほとんどない。
    • 肩こり、めまいを併発しやすい。
    • お風呂で温めると楽になる。

     

    群発性頭痛・・・

     

    群発性頭痛

    片頭痛や緊張性頭痛に比べると、痛みは激しいといわれます。この症状に罹る人はそんなに多くはありません。   

     

    群発性頭痛の特徴は以下の通りです。

    • 必ず頭の片側が痛む。
    • 痛みの性状は、目の奥がえぐられるような激しい痛みである。
    • みの頻度は、一、二ヶ月間に集中して、その期間は毎日痛む。
    • 痛みの持続時間は、十五分〜三時間程続く。
    • 目の充血、鼻水、涙がでることがある。
  • 脳自体が原因の頭痛・・・
  • 脳腫瘍、くも膜下出血等の脳自体の病気が原因の頭痛です。長期間にわたって激しい頭痛が続き、手足の麻痺、言語障害、物忘れ、前兆のない嘔吐等・・・悪化すると意識障害がおこります。
    この病気が疑われ場合、一刻も早く病院での検査が必要です。

     

    頭痛が発症した時の対処法・・・

    では、頭痛の頻度の高い「緊張型頭痛」「片頭痛」の基本的な対処法を紹介しましょう。
    これをすることによって、ある程度頭痛を軽減することができます。

     

    緊張型頭痛の場合の対処法・・・

     頭痛(お風呂)

    お風呂に浸かる・・・

     

    お風呂に浸かることによって、血行を良くして筋肉を緩めます。
    特に首、肩、僧帽筋をお風呂で温めて筋肉をしっかりと緩めましょう。

     頭痛(ストレッチ)

    ストレッチを行う・・・

     

    ストレッチで、首、肩、背部の筋肉をよく伸ばしましょう。
    筋肉を伸ばすことにより、血行が改善して頭痛予防になります。

      頭痛(パソコン)

    長時間のパソコン、スマホは避ける・・・

     

    長時間のパソコン業務、スマートフォンは首、肩、僧帽筋、側頭部の筋肉を緊張させます。長時間使用する場合は、合間に休憩を入れましょう。

     

     

     

     

    片頭痛の場合の対処法・・・

      片頭痛(患部を冷やす)

    痛い部分を冷やす・・・

     

    片頭痛は血管拡張による炎症(熱性)の痛みです。
    ですので、熱を下げたり血管の拡張を抑えるために痛い部分を冷タオルや氷嚢等で冷やしてください。
     
    尚、片頭痛の発作時は絶対にお風呂に浸かってはいけません。軽くシャワーで汚れを落とす程度にしてください。

     片頭痛(アルコール)

    頭痛発作時には、アルコールは飲まない。

     

    アルコールを飲むと血管が拡張します。また炎症を引き起こす原因にもなりますので、片頭痛の発作が起きたらアルコールは飲んではいけません。

     片頭痛(スマートフォン)

    片頭痛発作時にはスマートフォンをしない・・・

     

    スマホのブルーライトは、脳を興奮させます。脳が興奮すると脳への血行が良くなるので、結果的に血管が拡張してしまい片頭痛の痛みが増してしまいます。発作時にはスマホ、パソコン、テレビを見るのは止めましょう。

     

     

    緊張型頭痛は、筋肉を温めたり、ストレッチをして筋肉をよく緩めて血行を促進させます。片頭痛は全く逆で、患部を冷やし、頭はなるべく動かさず、明かりは暗くしてじっとしていましょう。

     

     

    薬物乱用性頭痛について・・・

     

    ドラックストアの台頭によって、一般の人でも自分の判断で気軽に市販薬を購入することができるようになりました。

     

    なかでも頭痛薬コーナーはとても充実していて、様々なタイプの頭痛薬が並んでいます。

     

    頭痛に悩んでいる人は、いちいち病院に行くのが面倒くさいので、頭痛の市販薬を購入して勝手に服用していることが多いと思います。

     

    ところが、安易に市販の頭痛薬を服用してしまうと、大変なことになることも・・・。

     

    もちろん、用法・容量を守って服用している分にはなんの問題もありません。

     

    問題なのは、用法・容量を守らず大量に、長期間にわたって服用している場合です。

     

    このような状態が続くと、徐々に頭痛薬が効かなくなってきます!!

     

    像に言う「薬物乱用性頭痛」といわれる状態です。

     

    このような状態になると、頭痛になって市販の薬を服用しても効きが悪くなります。

     

    したがって、量を増やす、効き目の強い頭痛薬に変えるといった悪循環を繰り返すことになるのです。

     

    では何故、頭痛薬が効かなくなってしまうのか・・・。

     

    痛みを感じるのは「脳」ですが、痛みを感じた時点で過度に頭痛薬で痛みを止めていると、脳が痛みに対して慣れてしまうのです。

     

    このような状態になると、脳が痛みに対して敏感になっているので、少しの刺激で「痛い」と感じるようになります。

     

    脳は敏感

     

    <薬物を過使用していると脳は刺激に対して敏感になります。>

     

     

    例えば数字で説明すると、6の刺激で脳が痛いと感じていたのに、脳が敏感になると2の刺激で痛いと感じるようになるのです。

     

    このような状態を「痛みの閾値が下がる」といいます。

     

    重度の薬物乱用性頭痛の方がまさにこれで、すこしの刺激で頭痛が発症してしまい、脳が薬物に対して耐性ができているので、頭痛薬が効きずらい状態になっているのです。

     

    頭痛薬飲みすぎ

     

    <頭痛持ちの人は、安易に市販薬を飲みすぎないように・・・>

     

     

    片頭痛に関しての私の見解・・・

     

    近年、「頭痛外来」を設ける病院が増えてきました。

     

    「頭痛外来」とは、要するに頭痛を専門にみる病院のことです。

     

    頭痛外来では片頭痛の患者さんに対して、「予防薬」と「治療薬」の二つで対処することがほとんどです。

     

    予防薬は片頭痛にならないようにする薬で、治療薬は痛みが発症したときに使用する薬です。

     

    この二段構えによって、片頭痛に苦しむ人の数は減っているようです。

     

    私自身、片頭痛の方を診ていると「片頭痛は予防が大事」ということを痛感します。

     

    片頭痛は個人差はありますが、酷い方の場合、一旦片頭痛発作を発症すると凄まじい痛みで苦しむことになります。

     

    そのような方は、発症後に「トリプタン」等の片頭痛治療薬を服用してもなかなか痛みが治まらないようです。

     

    片頭痛を発症する原因は様々だと思いますが、なるべく原因にアプローチして片頭痛を発症させないことが重要だと思います。

     

    ちなみに鍼灸では、首肩こり、ストレスが原因の片頭痛に対して予防的アプローチが期待できます。

     

    当院でも片頭痛の人に対して、定期的に首肩こりを治療したり、自律神経の治療をしていると、片頭痛を発症する頻度は劇的に減っています。

     

    片頭痛は予防が一番

     

    「ズキズキ、ガンガン」と、片頭痛の痛みは非常に激しいものです。発症しないよう予防が重要です!

     

     

     

     

    当院では主に、緊張型頭痛、後頭神経痛の施術に定評があります。

     

    当院では開業以降、頭痛で悩む患者様を多数施術しています。

     

    そのなかで、やはり改善しやすい頭痛、改善しずらい頭痛があります。もちろん同じ頭痛でも、患者様の年齢、体質、生活環境で差はあるのですが。

     

    それでも年単位で統計をとってみますと、鍼施術(当院)で改善しやすい頭痛は、「緊張性頭痛」と「後頭神経痛」であることがわかりました。

     

    では何故、この二疾患が有効なのでしょうか・・・自分なりに考察してみました。

     

     

    まず緊張型頭痛に関しては、緊張している部分の筋肉を鍼でしっかりと緩めることが可能です。

     

    緊張性頭痛該当筋

     

    緊張型頭痛は、主に頭蓋骨周囲の筋肉が過緊張を引き起こしている状態です。当院では該当する筋肉にしっかりと鍼をしていき、該当筋を緩めることにより症状の改善を促します。

     

    緊張型頭痛は、片頭痛とは違い、頭蓋骨の中ではなく外が原因の疾患です。

     

    したがって、鍼で直接アプローチできる頭痛ということになるのです。

     

     

    次に後頭神経痛ですが。

     

    この疾患を患っている方にお聞きすると「後頭部にズキっとした痛みが走る」「この痛みがとてもストレスになる」等、とても辛いようです。

     

    後頭神経痛は、神経の痛みなので、筋肉の痛みよりも数段痛いと思います。

     

    当院での後頭神経痛の施術ですが、まず後頭神経が伸びている後頸部にしっかりと鍼をしていきます。

     

    これは、後頭神経痛のほとんどが頸部の圧迫が原因のことが多いからです。

     

    ですので、後頚部の筋肉の圧迫をしっかりと鍼で緩めることによって神経の圧迫を改善すれば個人差はありますが痛みはかなり和らぎます。

     

    また後頚部の筋肉を緩める以外にも、後頭神経のブロック点にも鍼をしていきます。

     

    後頭神経痛(ブロック点)

     

    ブロック点に鍼をすることによって、神経の興奮を下げることができ、痛みを改善していきます。

     

    尚、後頭神経は頸部筋の深い部分を走っているので、当院では頸部筋の深部にしっかりと鍼をしていきます。

     

    後頭神経痛も、さきほどの緊張型頭痛と同様、頭蓋骨の外を走っている神経なので、鍼で直接アプローチできる疾患と言えます。

     

     

     

    頭痛に対する当院での施術・・・

    頭痛の場合、当院では以下の順序で治療しています。

     

    まず、痛む場所、痛みの性状(どのように痛むか)、服薬歴等をお聞きします。

     

    それらの情報を元に、どのような頭痛なのかを推察して、その方に即した鍼灸をすすめていきます。

     

    当院での施術は、全身治療になりますので、局所だけをを診ることはいたしません。

     

    鍼灸を行うことにより、筋肉の緊張の緩和、血行障害の改善、交感神経の興奮を抑える、三叉神経の興奮を抑える等の効果が期待できます。

     

    尚、鍼の本数、太さ、深度等は、患者様の症状、体質、年齢、鍼の経験の有無によって違いがあります。

     

     

     

    頭痛に関してのQ&A・・・

    どのような頭痛も効果が期待できますか

    当院では主に緊張型頭痛、後頭神経痛に効果が期待できます。片頭痛は予防薬等と併用することによって徐々に痛みの頻度を減らしていきます。

    パソコン、スマホの使い過ぎによる頭痛には鍼が効きますか。

    眼精疲労からの頭痛の場合は、目の周り、首等にしっかりと鍼をしてくことにより楽にる場合がほとんどです。

    片頭痛発作がひどい場合は鍼は効きますか。

    私個人の経験では、重度の片頭痛発作に関しては、発作中に鍼をしても良くなりません。トリプタンを服用して静かで暗い場所で頭、頸部を冷やして安静にしてください。

    頭の締め付け感がひどいのですが鍼で良くなりますか。

    頭の締め付けは緊張型頭痛の症状です。鍼で緊張部の筋肉を緩めることにより改善しやすいと思います。

    後頭部に定期的に鈍痛が走り辛いのですが、鍼で治りますか。

    まずは病院で検査をしてください。異常が無ければ後頭神経痛だと思われます。この疾患は鍼施術が良く効きます。

     

     

    ページの先頭に戻る


    彩玉鍼灸院ロゴ


    彩玉鍼灸院ロゴ2

     

                  埼玉県さいたま市西区宝来1538-11

     

                  指扇駅北口(徒歩三分)、駐車場完備。

     

         ご予約はお電話で:048−625−9270

     

     

    免責事項 - リンク - サイトマップ

    ホーム RSS購読 サイトマップ