坐骨神経痛 | 鍼灸 | 埼玉県 | さいたま市西区

坐骨神経痛-鍼灸(はり きゅう)彩玉鍼灸院 | 埼玉県さいたま市西区

坐骨神経痛でお困りの方

坐骨神経痛(表紙)

はじめに・・・

坐骨神経(イラスト)

 

 

坐骨神経は腰〜足にかけて伸びている神経です。特に臀部筋の深部を走行しているので、臀部の奥に痛みを感じることが多いです。

 

ちなみに神経のなかでは一番太くて長い神経です。

 

坐骨神経が何らかの原因によって痛みが起きている状態を坐骨神経痛といいます。
神経痛のなかでは多い症状で、年齢もまちまち、性別も男女差はあまりありません。

 

坐骨神経痛はかなりの痛みを伴います・・・

 

神経痛全般にいえることなのですが、坐骨神経痛はかなりの痛みを伴います。

坐骨神経痛(激痛)

 

神経の痛みは筋肉の痛みとは全くの別物です。これは経験した人でないとわかりずらいかもしれませんが、臀部から足にかけて芯の部分からズキズキとうずくような痛みが長時間続きます。どんなに我慢強い人でも、この痛みは我慢できないようです。

 

痛みは徐々に悪化していきます・・・

坐骨神経痛(写真)

坐骨神経痛の厄介なところは、放っておくと徐々に悪化していくことです。

 

初期段階では、なんとなく臀部あたりに軽い違和感がでますが、放っておくと太ももの裏、ふくらはぎに痛みが下がってきます。

 

痛み自体もなんとなくからビリビリとした痛みに変化して、最終的にはズキズキと耐えられない痛みになります。ここまでくると我慢できなくなり、何とかしなければ・・・となるわけです。

 

坐骨神経痛になる原因とは・・・

坐骨神経痛になるには様々な原因が関係しまが、一般的には次のようなことが考えれれます。

  • 筋肉疲労による血行障害
  • 寒冷刺激による循環障害
  • 強い衝撃、刺激を受けたとき
  • 狭窄症、ヘルニア、筋肉のこり等の物理的な圧迫があるとき
  • 過度のストレスで神経が興奮(緊張)したとき
  • 免疫が低下して、ヘルペスウイルス等が活発になったとき

 

坐骨神経痛になる疾患・・・

坐骨神経痛を引き起こす疾患は複数ありますが、代表的な疾患を挙げてみましょう。

 

  • 腰椎椎間板ヘルニア・・・
  • 腰椎の間にある「椎間板」という軟骨が飛び出ることで、坐骨神経を圧迫します。ヘルニアからの坐骨神経痛の特徴としては、ほとんどの場合において足の指先までシビレることが多いです。

     

    シビレ自体も比較的強度の場合が多く、生活に支障がでます。

     

  • 腰椎椎間関節症・・・
  • 椎間関節が炎症を起こすと、二次的障害により坐骨神経痛を引き起こすことがあります。

     

    椎間関節症による坐骨神経痛では、シビレ自体は比較的軽度で、臀部〜大腿までのシビレがほとんどです。

     

  • 脊椎すべり症・・・
  • すべり症では、前段階で「分離症」があることが条件になります。分離症は若い人で、激しいスポーツをしていた人が圧倒的に多く、分離した結果、腰椎が階段変形を起こします。

     

    すべり症が発症すると、神経を圧迫することがあるので、結果として坐骨神経痛がでます。ただ、すべり症のほとんどは、神経症状は伴いません。

     

  • 脊柱管狭窄症・・・
  • 狭窄症という疾患は、中年以降の人がほとんどです。この疾患からの坐骨神経痛は、重度のことがほとんどで、特に歩行でのシビレはかなりの苦痛を伴います。

     

    シビレは、ふくらはぎ〜指先までのことが多く、腰の痛みよりも神経痛を訴える場合が多いです。

     

    狭窄症からの坐骨神経痛は、完治させることは難しく、痛みをどれだけ改善できるのかが目的となります。

     

  • 梨状筋症候群・・・
  • 梨状筋は、臀部にある筋肉です。この梨状筋の下を坐骨が走っていて、様々な原因でこの筋肉が過緊張を引き起こすと、坐骨が圧迫され坐骨神経痛が発症します。

     

    最近では、仕事でパソコンをしている人が多く、長時間の座り姿勢で臀部を圧迫していることが多く、結果として坐骨神経痛になることがあります。

     

    梨状筋症候群では、深部の梨状筋をしっかりと緩めることにより、比較的容易に症状が改善します。

     

  • 仙腸関節障害・・・
  • 頻度としてはあまり多くありません。仙腸関節が何かしらの外力によって捻挫のような状態になったときに、二次的障害として坐骨神経痛を引き起こすこともあります。

 

鍼灸治療では、腰椎椎間関節症、梨状筋症候群、仙腸関節障害は比較的短期の治療で改善に向かいます。

 

 

坐骨神経痛になってしまったときの注意点・・・

 

坐骨神経痛になってしまったら、注意してほしいことがあります。以下にまとめました。

アルコール

坐骨神経痛(アルコール)

神経痛の人は、「アルコール」は絶対にダメです!

 

アルコールを飲んでいる時は、脳が麻痺するので痛みは無く快適ですが、アルコールが切れると体が冷えるので神経が興奮してしまい激痛が襲ってきます。

入浴

坐骨神経痛(入浴)

お風呂に入っている時は、神経痛も無くなり楽なんですが、お風呂から出た時に体が冷えるので、神経が過敏になり痛みがひどくなります。

 

坐骨神経痛がひどい場合は、シャワーの方が無難です。

過度の運動

坐骨神経痛(運動)

シビレがあるのに、過度にストレッチしたり運動したりする人がいますが、筋肉に刺激を与えすぎると、神経が興奮するので痛みが悪化することがほとんどです。

 

軽く筋肉を伸ばすか、安静にしたほうが無難です。

 

坐骨神経痛になる原因のほとんどは臀部の筋肉の絞扼です・・・

 

臀部の筋肉(坐骨神経痛)

 

上記で説明したように、坐骨神経を発症する原因は様々ですが、私が察するに坐骨神経痛になる原因の大半は「臀部の筋肉群の絞扼」といえます!

 

要するに臀部の筋肉群が何らかの原因で絞扼(しめつける、圧迫)することにより、坐骨神経が興奮してしびれを引き起こすのです。

 

では何故、臀部の筋肉が主な原因なのか説明します。

 

まず脊柱管狭窄症は、年配の方で発症率も多くありません(鑑別も間欠性跛行がでるのでわかりやすいです)。

 

また、椎間関節症、すべり症、仙腸関節障害等も坐骨神経痛を発症する割合は少なく、ほとんどが腰の痛みが主な症状です。

 

次に腰椎椎間板ヘルニアですが、実はヘルニアがあっても坐骨神経痛を発症しない人がほとんどであると証明されているのです(ヘルニアが原因の場合はしびれの他にも麻痺、感覚障害がでます)。

 

それらを加味すると、臀部の筋肉群の絞扼は坐骨神経痛を発症する割合がとても高いと言えます。

 

特に坐骨神経の根っこに近い部分にある「梨状筋」は、固くなってしまうと容易に坐骨神経を絞扼するので、しびれが発症しやすいはずです。

 

臀部の筋肉群は、長時間の座り姿勢でも絞扼しますし、長時間の立ち仕事等でも固くなります。

 

つまり、日常生活でストレスを受けやすい筋肉であるといえるのです!

 

もちろんすべての坐骨神経痛が臀部の筋肉が原因であるわけではありません。

 

様々な原因が複雑に絡み合っていることも確かですが。

 

ちなみに臀部の筋肉群が原因の場合、鍼治療がとても良く効く場合がほとんどです!

 

これは臀部の筋肉の中で、梨状筋、中殿筋等の深部にある筋肉を直接鍼でアプローチすることができるからです。

 

鍼をしっかりと臀部の筋肉群に届かせれば、絞扼が無くなっていき、坐骨神経のしびれも改善していきます。

 

 

 

坐骨神経痛に対する鍼灸施術・・・

当院では、坐骨神経痛の治療に対して以下の手順で施術していきます。

  1. 触診、身体診察などで、どのような状態なのかを診断します。
  2. うつぶせで、腰を中心に鍼施術していきます。
  3. しびれている足を上にして横向きになってもらい、坐骨神経にそって鍼灸をしていきます。
  4. 場合によっては、手技療法、物理療法を併用していきます。

※坐骨神経痛等の神経痛に関しては、深部が原因の症状なので、深部に届くようにしっかりと鍼をしていきます。場合によっては鍼から低周波のパルスを流します。

 

 

坐骨神経痛に関してのQ&A・・・

若い人でも坐骨神経痛になりますか

坐骨神経痛と言うと、お年寄りがなる病気・・・と思われがちですが、実際には若い人でも坐骨神経痛になる人はたくさんいます。若い人の坐骨神経痛は、冷え性の人、腰を酷使する人、姿勢が悪い人等が発症しやすいです。

何回で良くなりますか

個人差はありますが、軽度であれば四回程で楽になります。ヘルニア、狭窄症が原因の場合は十数回での治療が必要になります。

坐骨神経痛になったら早めに治療したほうがよいですか

神経痛は放っておいてもまず治りません。特に中高年の方は、悪化しやすいので痛みがひどくなる前に治療してください。悪化するとかなりのストレスになります。

神経痛には鍼が効果的なのですか。

鍼は、体の表面ではなく深部にアプローチすることができますので、特に坐骨神経などの深部を走っている神経の痛みには効果的と思われます。

ページの先頭に戻る

 


彩玉鍼灸院ロゴ


彩玉鍼灸院ロゴ2

 

              埼玉県さいたま市西区宝来1538-11

 

              指扇駅北口(徒歩三分)、駐車場完備。

 

     ご予約はお電話で:048−625−9270

 

 

免責事項 - リンク - サイトマップ

ホーム RSS購読 サイトマップ